【VBA】正規表現の使用方法【コピペで使える】

今回は、Excel VBAで正規表現を使用した文字列の評価方法をシェアします。



ソースコード

早速ですが、ソースコードを以下に共有します。

 

上記の「IsMatched」プロシージャを自分のプログラムにコピペすれば
正規表現パターンを使った文字列評価ができるようになります。

正規表現は間違いやすいので、事前にチェックすることをオススメします。
ココ で簡単なチェック方法をシェアしていますので参考にしてください。

上記で使用している VBScript_RegExp_55.RegExp については、
「参照設定」という作業を実施しないと使えません。(簡単です)
この方法については、 ココ でシェアしていますので、ここを参考に参照設定を実施してください。

おわりに

今回は、Excel VBA で正規表現を用いた文字列評価をする方法をシェアしました。

Excel VBAについて他にもこんな処理はどうやるの?などの質問がある場合は、
フォームからご連絡頂けたら幸いです。
記事にして共有させて頂きます。